本文へ移動

Build up blog

社内

インテリアテイスト

2019-05-25
こんにちは!
ビルドアップです口を広げてにっこりした顔
 
本日は、みなさんが
お家を検討する際、またインテリアで迷っている方の手助けになればいいなと思っております。
 
自分好みのインテリアテイストを知っていると更に、お家づくりが楽しくなります!
その上、お客さまの好みを教えて頂けると我々もその雰囲気に合わせたプランの提供をすることができます点滅している星
 
インテリアテイストとはつまり、部屋の雰囲気のことです。
一口にテイストと言っても、たくさんのスタイルがあります。
地域ごとのスタイルや時代ごとのスタイル等々、それぞれにいくつかのスタイルを持っているので、何種類ものパターンが存在することになります。
 
その中で、今回は地域ごとのスタイルについて紹介していきたいと思います。
まず初めに、みなさん知っていると思いますが、
 
「アメリカンスタイル」
アメリカンスタイルの中でもまた違ったスタイルがありますびっくりマーク(吹き出し)
たとえば、カントリースタイルや西海岸スタイル、ブルックリンスタイル等、
アメリカンではあるものの少しまた違ったテイストになっています。
 
基本的に、アメリカンスタイルとは温かみがありながらもスタイリッシュな雰囲気のことを言いますメガネをした得意げな顔
色味の強い木目調と白い木目調の壁・天井を使い分け、さらにはタイルを使用するとアメリカンなお家になりますね!
 
 
こちらもみなさんに人気のテイストです!
 
「北欧スタイル」
白を基調とした、カラフルな色を取り入れることで、シンプルかつ直線的なラインが特徴的ですいいね(手のひらが手前)
メインを白色とすることでまとまりが出て、どんな家具をレイアウトしても合わせやすいので、とてもいいですよね!
 
 
涼しげな雰囲気である
「南欧スタイル」
地中海スタイルとも呼ばれていて、地中海を連想させる青色に、それを引き立たせるかのような雲や波を表現したかのような白を組み合わせた、
マリンリゾートスタイルになっていますうきわ
 
特徴としては、白と青のコントラストや漆喰の塗り壁、柄物や石・タイルなどのものが揃っていると地中海スタイルと呼ばれています点滅している星
 
 
インパクトのある
「アジアンスタイル」
中国風のスタイルで、金や赤などの派手な色使いが特徴的で、
竹や藤、麻素材の家具を取り入れたり、シノワズリなどの細やかな装飾が施されたものを統一された空間となっています。
 
アジアンスタイルはインテリアグリーン(観葉植物)との相性が良いので、間接照明で優しく照らしたり、スポットライトなどで部分的に照らしたり、
とても雰囲気が出ると思いますいいね(手のひらが手前)
 
 
最後に紹介いたしますのが、
「アフリカンスタイル」
エキゾチックなスタイルで、ベージュ・生成り・アイボリーなどの自然素材に近い壁色に、
赤・緑・黄色や赤・緑・黒などのインテリアを組み合わせたものになりますギクッとしたマーク
基本的に原色使いが特徴になっています。
 
これらは、テイストの一部でしかありません。
まだまだたくさんありますので、これからも紹介していけたらいいなと思っておりますまいった顔
テイストに沿った写真が記載されてなくて、分かりにくいかと思いますが、
こんなテイストがあったのだという、認識をして頂けたら幸いです。
 
では、次の更新で突風
TOPへ戻る